2006年08月31日

『ユナイテッド93』

ユナイテッド93
2001年9月11日。ニューアークの空港は、朝の喧騒に包まれていた。離陸の準備を整えたユナイテッド航空93便は、40名の乗客を乗せ、サンフランシスコへ飛び立つ。その直後、ワールド・トレード・センターに2機の民間機が激突した。その頃、ユナイテッド93便の機内でも、テロリストが爆弾を持って操縦室を制圧。機内は混乱に陥るが、地上で起こっている事態を知った乗客と乗員たちは、わずかな武器を手に立ち上がった…。

奇妙愛博士さんがレビューされていたので観てみました。おそらくは映画の時間とほぼ同じ長さの出来事であったろう凄惨な事件を上手く表現していました。
この映画、有名な俳優さんは一人も出てきません。それなのに、この臨場感、リアル感はなんなのでしょう。まるで実際その場に放り込まれたような感覚に陥りました。そして、自分がもしその場にいたら……
そしてもしも、家族がこんな目にあっていたら? 機内から電話を受けた遺族の方々は、どんな気持ちで被害者たちの声を聞いたことでしょう。それを想像できない、したくない、する義務がどこにあるの?と言う人は、見ないほうがいいです。そういう人は多分退屈します。
評価は90点。最後の虚無感は致し方ないこととはいえ、万人に薦められる映画ではないことは確かです。ちゃんと理解できる人にしか観て欲しくない映画。
以下、ネタバレ有り
posted by 紫 at 09:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画三昧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『狩人と犬、最後の旅』

狩人と犬、最後の旅
半世紀に渡ってロッキー山脈で罠猟を続けてきたノーマン・ウィンター。彼はネイティブ・アメリカンの妻ネブラスカと7頭の犬ぞり犬と共に、人里離れた大自然の中で暮らしている。ノーマンとネブラスカは猟を通じて生態系を維持し、自然を守る猟師の仕事に誇りを持っている。そして何よりも、ほぼ自給自足の自由な暮らしと自然を愛していた。しかし森林の伐採によって、年々動物は減少。山を降りることを考え始めた2人に、リーダー犬の死が追い討ちをかける。そんな時シベリアン・ハスキーのアパッシュを譲り受け…。

これは記録映画だな、と観た後に思いました。美しいロッキー山脈の自然、失われつつある生態系、そして人間への警鐘。いつかこの映画を見て、「こんな美しい風景が地球上に存在していたのだ」と感嘆する日が来そうで怖いです。
それはそれとして、主人公の相棒となる犬たちがもう。もう可愛くて可愛くてもう。たまりません。犬好きはとりあえず観ておいて損はない。
評価は90点というところ。やっぱり映画には起承転結を求めてしまう性質なので(^^;)。音楽が最高に気に入りました。
以下、ネタバレ有り
posted by 紫 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画三昧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『時をかける少女』

時をかける少女
高校2年生の紺野真琴は、踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。過去に飛べる能力。世界は私のもの!と思われたが、クラスメートの男子生徒、千昭から思わぬ告白を受けた真琴は狼狽のあまり、その告白をタイムリープで、強引に無かったことにしてしまう。叔母の和子は「つきあっちゃえばいいのに」と、のんきなアドバイス。真琴はタイムリープで東奔西走するのだが…。

この映画は口コミで人気だったと言うことと、ラジメニアで岩ちゃんが絶賛していたのでとりあえず見に行きました。
面白かったです。ん〜、いろいろと荒はありましたけど(特に桃が気になって気になって…)、それを差し押さえても全体的にはタイムリープと起こった事象を上手いこと活用していたんではないかと。私はどうしても「自分が作るんだったら……」という視点で観てしまうので、「自分だったら作れなさそうな作品」という意味で面白かったです。75点てところかな。
観客としての視点は、下の「ネタバレ有り」から。
以下、ネタバレ有り
posted by 紫 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画三昧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

『蕎麦きり彦衛門』へ行ってきました。

060828_1313~0001.jpg市内に出る用事があったのでついでに奈良の友人に車を出してもらって、雑誌『男の隠れ家』9月号で紹介されていた『蕎麦きり彦衛門』へ行ってきました。
といっても車でしか行けないような距離ではありません。近鉄奈良線かあやめ池駅から歩いてわずか10分の所にあります。
が、住宅地の中に建っているお店なので、最初は「本当にこの辺に?」と思ったくらいでした。開発中の新居住宅地の中に建つお店には、数台ですが車を止めるスペースもあります。運良く一台分空いていたのでそこに停めてお店の中に。
060828_1318~0001.jpgお店は真ん中にテーブルがどでんと置いてあり、およそ10人が座るスペース、カウンターが4人、あと4人掛けのテーブル席が2つあります。
私たちが行った時は真ん中のテーブルに4席しか空いていなかったので、そこに座ってお蕎麦を注文。……の前に手洗いに立ちました。
このお店はその日によってそば粉の産地が変わるらしく、お手洗いの入り口の手前に小窓が設けてあって、そこに本日の蕎麦の紹介をしてありました。ほう、今日のお蕎麦は宮崎、それも都城ですか。
席に戻って、とりあえずお酒を注文♪ ……昼間っから飲みますよ、そりゃあ。
060828_1320~0001.jpg居酒屋さんみたく付け出しが出てきました。
豆腐ですな。
上に乗ってるのはなんだろう。ザーサイ?
シンプルなお味で美味しかったです。
すきっ腹にはたまらん。

060828_1347~0001.jpgお酒のあてはとりあえず鴨ロース。
上に乗ってるのはにこごりか?
いつも行ってるお蕎麦屋とは全く違った鴨ロース。
鴨の味が濃厚でした。

060828_1324~0001.jpgで、肝心のお蕎麦ですが、雑誌に書かれていたここのオススメは「粗挽きせいろ」と「絹挽きせいろ」。
粗挽きの方は今度食べる機会がありそうなので(別のお店だけど)、とりあえず絹挽きの方を注文してみました。
絹というだけあって、喉越しつるつる。これこそ喉で味わうお蕎麦なんでしょうなぁ。私は蕎麦を丸呑みっていうのは出来ないんですが、出来るだけ噛まずに飲み込んでみました。少しだけ玄そばを加えているため、かすかに感じる"ひっかかり"がいい感じ。こういう食感好きかも。
060828_1416~0001.jpg最後にそば茶アイスを頼んでみました。
甘さ控えめ。上に乗ってるのはかりんとうです。そういえばこの蕎麦かりんとう、付け出しにも出されていました。お土産としても300円で売ってます。
お茶はセットでついているようです。

最後はご主人と思しき方に会計をしていただきましたが、とても親切に対応してもらいました。ちょっと行きにくい所だけど、こういう人のお店はまた行きたくなるねぇ。今度はお蕎麦が好きな人とでも。




今日のお酒は伯楽星でした。



宮城県のお酒ですな。淡麗辛口で食中酒にはもってこいのお酒です。




posted by 紫 at 22:01| Comment(6) | TrackBack(0) | お酒徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

ねこまんが074/真夏の宙明

皆さんの猫は暑いときどこで涼んでいますか?
宙明のお気に入りはパソコンの後ろかベッドの下です。
……暑いだろそこ。

4コマはこちら!
posted by 紫 at 18:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫の宙明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲酒(≧◇≦)乂ダメダメッ!

友人かきぴいの誕生日にお祝いとしてカラオケ行ってきました。
……彼女とは誕生日でなくてもカラオケに行くんですが。
いつもの場所にいつもの時間♪ということでバイクを駆って向かったんですが……
熱い!めちゃくちゃ熱い!!
……誤字ではないです。太陽の熱で腕が燃えそう!!
後夏にバイクをミュールで乗っちゃいかんね。信号で停まるたびに足が燃えそうです。
自分の身体をだましだましカラオケに到着すると……
ロープが張ってある! ていうか、シャッターが降りてる!!
……閉店してました。エェ〜!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜
4月の末には閉じてたみたい。……そんなに昔から来てなかったっけ〜。7月8月と結構なペースでカラオケに行ってたからそんな意識なかったけど……。まぁここはそのうち潰れるだろうなとは思ってたけど(^^;)。

友人と合流して、隣の漫画喫茶でカラオケが出来るようなのでそちらへ向かいました。
かっちり7時間歌ってきました。……この間北海道で18時間カラオケしてまだ歌い足りないのかと言われれば、まぁその通りなんですが。
このお店はすごかったな〜。何がすごいって、カラオケボックスのドアがちゃんと防音性になってるとかそんなのはどうでもよくて、トイレの個室の壁2面が全面鏡!!
……顔の部分だけとか、一部じゃないですよ。壁が全部、鏡なんです。どんな趣味なんだ!! ……最悪。

で、カラオケの後は彼女のリクエストにお応えして家の近くのダイニングバーに行ってきました。最近出来たお店ですが、私はダイニングバーにあまり興味がないので一人では行かないな、と思っていました。中に入ってみるとバーと言うよりスナックと言う感じで、私の嫌いな"料理臭"がしない良いお店でした(笑)。
060826_2214~0001.jpg写真はこのお店の箸置きなんですが、独創的でオシャレ! こういうオリジナリティあふれるお店は大好きですよ。玉造のグニャグニャ曲がった箸のお店とか、大好きでしたよ(笑)。
で、こういうところではやはりお酒が飲みたくなるんですが、今日はバイクということで断念。こういうところではたくさん飲みたくなってしまうので……ダメなのです。とりあえず誕生日の乾杯用にうっすいお酒はいただきましたが、あとはずーっとお茶。……こんな飲み会も久しぶりだなぁと思いました。つーか、初めてか??
痛感したこと。私はやっぱりお酒が好きなんだなぁということと、あまり強くないということ(笑)。乾杯用の薄いお酒でもめちゃくちゃ眠くなりました。うーん、夏風邪でもひいたのか(最近明け方寒くて喉が痛い)、それとも焼酎のお湯割しか受け付けない身体になってしまったのか。とにかく、これからは「身の程を知る」のが大事だなぁと思ったり。
そうそう、当ブログ(というか前回のブログ)にも何度か登場したI女史が今回も参加していましたが、相変わらず天然ボケのいい会話を交わしていました。
「前に勤めてた事務所が鋳物工場の真上にあって……」
「煮物工場?」
「煮物じゃなくて鋳物」
「芋の?」
「いも・の、じゃなくてい・もの!」
どうあっても芋から離れられないI女史なのであった。
……眠くてもいい。この人たちの会話を聞いてるだけでも十分面白いわ。




あ〜、でもやっぱり飲みたかったなぁ、と思ったけど、今朝のこのニュースを見てやっぱり飲まなくてよかったと思った。ていうか、やっぱり飲んじゃだめですよ! 罰金も高いしね。←私のような貧乏人はこんなことで自制が効くけど、下手に金持ちは罰金何のそのだからたちが悪いね。22歳でマジェスタだってさ。
posted by 紫 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

the Cole Bar

北海道土産を友人の尚さんに渡すべく連絡を取ったら「せっかくなのでバーに連れてってください」ということなので、心斎橋の『the Cole Bar』へ行ってきました。
このお店は旬のフレッシュフルーツを目の前で絞って使ってくれるんです。店内も落ち着いた雰囲気で非常に女性向けなお店ではないかと。

尚さんはこういう所が初めてのようで、「どうやって注文したらいいの?」と聞かれました。店によってはメニューが置いてあるんですが、このお店にはフード以外のメニューがなかったので「よく、自分をイメージして作って♪とかあるけど、好きな色とか味とかで適当に作ってもらっても大丈夫。このお店はフレッシュフルーツを棚に並べてくれれているから、好きなフルーツを使って適当に作ってもらったり、ボトルも陳列してるからそこから好きなリキュールを選ぶのもあり」と答えました。……でもボトルに関しては、冷蔵庫で冷やしてるのもあるので選択肢は減ってしまいますね。
あとは私の携帯サイトを活用してもらう、とかもアリですが(笑)、私にとってバーの楽しみの一つはこれなんです。バーテンダーに適当に作ってもらう。
自分では絶対に頼まないような、知らないような、またオリジナルのカクテルを作ってもらえるのが楽しいのです。……ただし、オリジナルカクテルは高いので(笑)注意してください(そんな、常識外れな金額は要求されないけど)。
で、まずは棚に陳列したフルーツの中に「梨」が入っていたので「どんなカクテルが出てくるんだ?と興味を持ち、梨を使ったカクテルを作ってもらいました。
060824_1919~0001.jpgフルーツマティーニの梨バージョンです。尚さんが作ってもらったのはキューバのお酒モヒート(モジート)。ミントを使ったサッパリ系のお酒です。



2杯目は、棚に陳列されているボトルの中からバニーガールの絵柄に引かれて(笑)、クッキー&クリームリキュールビスコタを使ったカクテルを作ってもらいました。

修道院のようなボトルがオシャレなヘーゼルナッツリキュールのフランジェリコというお酒とミルクを混ぜて、ノンタイトルカクテルの完成。


060824_1944~0001.jpgお菓子みたいに甘い!!
そうこうしているうちに尚さんの彼氏さんが合流。普段は2杯で結構酔っ払う私ですが、流石に話しながらだとゆっくり飲めるので今日はもう一杯いけるかも……ということで、レモンリキュールとレモンジュース、ソーダで割ったカクテルを最後にいただきました。ロングスタイルなので酔い覚ましにもちょうど良い。


そういえば、隣に座った男性が葉巻を吸っていました。
おお……シガーだよ。ちょっと興味があった私は思わず話しかけてしまいました。話しかけたって言うか、根堀葉堀質問してしまった(^^;)。あのときのお客さん、すいません。でも勉強になりました。
シガーの匂い自体、初めて嗅いだんですが、やっぱり強いですね。女性が吸うと結構気にされるかもしれません(この人も煙に気を使って吸っていてくれました)。シガーバーではシガーとそれに合うお酒を出してくれるとか(そうなるとカクテルではなくてウィスキーやブランデーだろうな)、相場はいくらくらいとか(ピンキリ。2,300〜5000くらいまで)、大きい葉巻と小さい葉巻の違い(やはり大きい方が肺活量いりそう)だとかを教えてもらいました。

この日は3杯飲んで一人¥3500でした。

the Cole Bar
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋2丁目1-10 サンボアビル4F
電話:06-6214-3666
アクセス:地下鉄御堂筋線心斎橋駅より徒歩で5分
営業時間:月〜土 18:00〜05:00 LO 04:30/日・祝 18:00〜01:00 LO 00:30
定休日:無休
Ch:\500、Dr:\700〜



posted by 紫 at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

『カケフと31匹の虫』掛布雅之

タイトルパクリ(笑)。

行きつけのお蕎麦屋さん、松林で臨時店員をしてまいりました。
なんでもいつもより早くお店を開けねばならないとかで、人手が足りないのだそうです。私は飲食店どころか、DTP以外の仕事もしたことのない人間ですが……ま、どーにかなるか!というわけで、手伝ってきました。だって、掛布さんがテレビ局の人(この人がお店の常連さん)と来るっていうしねぇ。
ちょっとミーハーな気分で近鉄百貨店でエプロンを買って赴きました。幸い仕事は飲み物を運ぶ程度だったんですが、やっぱりずっと立ちっぱなしの仕事って辛いですね。本屋を巡る時なら4,5キロある荷物持ったままで2時間でも3時間でも耐えられるものですが。
で、仕事が一段落した辺りで、私も同席させていただきました。
私自身はあまり野球とか分からないんですが、友人の一番星さんがお好きなので話のネタに。……これってよく考えたらあまり理由になってませんね。話すネタがなかったので、掛布さんがいらっしゃってると教えたときに一番星さんが送ってくださった「おおおお!「カケフと31匹の虫」だ〜!(掛布さんが現役時代に出したレコードのタイトル…)」というメールをお見せすると笑っておられました。ついでにワンフレーズ歌ってくれました。おやっ!「隠したい過去」じゃなさそうですよ(笑)!!
実際に見た掛布さんは、TVと全く違わない人でした。3時から飲み始めて、6時、7時……。ずーっと喋り通しでした。喋るの好きなんだなぁ。そして声がでかい。あれだけ飲んで、あまり酔ってないのも凄いと思いました。
お帰りの時に大将に「サイン貰っとけ」と言われたので書いてもらいました。色紙なんて持ってなかったので、鞄に直書き。
060822_2120~0001.jpg
サイン会以外で有名人のサイン貰うのって初めてなんだなぁ。感動。

その後、エプロンは外させてもらって、他の常連さんが持ってきてくださった毛がにをいただきました。
060822_1910~0001.jpg
ジオラマに使えそうな外見。
060822_1911~0002.jpg
菊姫の猿もいただきました。昨日の反省を踏まえて、今日は一杯だけ(笑)。バイクだったしね。蟹もお酒もめちゃくちゃ美味しかったです。

そんなこんなで、珍しい体験を一杯した日でした。
posted by 紫 at 09:20| Comment(8) | TrackBack(0) | お酒徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。