2007年02月25日

社団法人日本バーテンダー協会関西地区本部設立70周年記念

CA340005.jpg2月18日は弁天町にある
三井アーバンホテル大阪ベイタワーという場所で、
カクテルのコンペが開催されていたので行ってきました。

今回は日本バーテンダー協会関西地区本部の設立70周年
ということで、その式典も兼ねていたんです。
シェイカーに、70の文字が書かれてたバッチでした。

12時からの開会式までに雑貨屋さんで買い物したりして時間を潰し、
いつもどおり無遠慮に一番前の席に陣取り鑑賞。
挨拶の後、いよいよ競技が始まります。

CA340004.jpgカクテルのコンペについて少々御説明しましょう。
カクテルのコンペ、正確には
全国バーテンダー技能競技といいますが、
今回は関西地区本部代表選考会でした。
私が去年の12月に行ったのは、
大阪中央支部の地区予選。
前回そこで優勝、準優勝をした人が今回の大会で
奈良や大阪北、南部、和歌山や京都を勝ち抜いた人たちと争い
関西1位、2位を決めます。

で、今回優勝、準優勝をした人は次回5月末に北海道で開催される
全日本大会で日本1位を決めます。
さらにそこを勝ち残れば、次は世界へ挑戦します。

第33回技能競技会では大阪の選手が勝ち残っており、
今度台湾で開催される大会で戦うそうです。
この日は当然その選手は出場しないので、お手伝いをしていました(笑)。

話がそれました。

選手達はフルーツ部門、技能部門、創作部門の3つの課目で腕を競います。
フルーツ部門はリンゴやキウイ、パイン等のフルーツを時間以内に
ナイフでカットし、美しく盛り付ける技能です。

CA340003.jpgフルーツのカットの正確さや盛り付けの美しさはもちろん、
勿体無い切り方をしていないか、
刃物は安全で衛生的に扱っているか
などもチェックされます。
ちなみにこの競技は刃物を扱い、大変神経を使う競技のため、
朝早くに開催され一般の方は見られません。

次に技能部門ですが、これは5杯分のマティーニを
メジャーを使わずに正確に計り、作るというものです。

メジャーを使わないと言うところに最大の難しさがあるのは
いうまでもありませんが、それ以外にも細かいルールが決まっており、
また所作の美しさや適格さ等も審査の対象になります。

CA340014.jpgこれも神経を使う競技なので、一般の人は見れますが
咳1つしない緊張感の中で行われます。
もっとも、審査の合間に司会の方(元プロのバーテンダー)が
いろいろと協会の説明や審査員
(これまたプロのバーテンダー)の
紹介をするのでそれで息抜きをさせて貰えます。

関係者の全てがバーテンダー、つまり接客のプロなので、
普通の式典よりもリラックスした雰囲気で進行されていきます。
笑わせるのが上手なバーテンダーさんも沢山いますし。

CA340011.jpg技能競技が終わると、
別室でブースさんの用意が出来ています。
ここでひたすら試飲。
イベリコ豚の試食もやっていました。

次に創作部門が始まります。
創作部門はあるお題に対して、選手がオリジナルのカクテルを作ります。
レシピ、名前、デコレーションまで凝った作品を競います。
今回のテーマは「食後酒」。なので基本的に甘めのお酒が多かったです。

この部門は比較的自由に出来るとあって、みなパフォーマンスを
アピール出来るシェイカーで勝負する人が多いのも特徴です。
会場もお酒が廻ってくる頃なので(笑)緊張がとけてきます。

選考会が全て終わると、親睦立食パーティと同時に、
ジャグリングやアカペラグループUNITEさんたちのミニライブ、
70周年記念式典、が行われます。

CA340025.jpg12時から始まってこの時点でもう3時過ぎ。
そろそろお腹が減ってきた頃にホテルの料理が運ばれます。
合図と共に、みな食べる食べる(笑)。
料理はパスタやグラタン、ビーフシチュー、ローストビーフ、
魚の竜田揚げ、骨付き肉の甘辛煮、焼そば、おでん、お刺身、
エビのピリ辛、ケーキ、フルーツとなんでもありです。
全て一口ずつ食べても食べきれない!!
そして量が追い付かない(笑)!!
当然飲み物(アルコール含む)もタダです。

ちょっと知り合いに見られたらヤバイくらい食べてました(笑)。
だって本当にこれだけでも来る価値あるし!!

知り合いと言えば、こういうイベントに来るのは
今回で3回めになりますが、さすがに知り合いも増えて参りました。
応援にいったthe Cole barの室田さん、津田さんはもちろん、
チケットを購入したバロックの奥川さんもお手伝いに来ていました。

お手洗いに立とうと入口に向かっていると、白髪の混じった紳士が
「こんにちは、楽しんでますか?」と話し掛けてきました。
え?私に話し掛けてる?……と思って良く見てみると、
BAR HARBOUR INNの藤田さん!!
うわ〜、つい最近とはいえ、1度しか行ってないのに、
覚えていてくださったんだな〜。
やっぱりバーテンダーさんの記憶力はすごい。

CA340032.jpg途中、さすがにダウンしたりして時を過ごしましたが、
7時の閉会式まで参加しました。
最後に各部門と総合優勝の発表があり、
優勝は釜井拡さん、準優勝は吉田貴史さんでした。
この方たちは5月に北海道で開催される
全国大会に進みます。

知り合いの方に一通り挨拶した後、まっすぐ帰宅しました。
疲れたけど楽しかった〜。8000円の元は……取れたかな?
posted by 紫 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

遅ればせですが、ボウケンジャーの感想を。

結構良質な作品だったので、最終回は寂しかったです。あと、やや盛り上がりに欠けた最終回だったのが残念でした。
敵に倒されそうになって、勇気と希望でパワーアップして、逆転勝ちしてヤッター、数カ月後、主人公が旅立ってハッピーエンド。絵に書いたような王道のエピソードですね。それが悪いとは言いませんが、もう少しひねりの加えた最終回でも良かったかも、と正直思いました。
その一方で、ボウケンジャーには変に凝ったエピソードよりもこう言ったエンディングでも良かったんじゃないか、とも思いました。
よくあるエピソードよね、と思うのは私のように特撮好きだけであって、これが生涯で初めての作品、という人だって確かにいるんだもん。
うん。ヒーロー戦隊はあくまで子供向けなのは確かなんだから(ただし間違っても教育番組ではない)、オタクに気を使った作品作りなんてする必要無いよ。某仮面ライダーみたいに。
とはいえ、ラストの戦闘がややおざなりだったのや、リュウオーンの生死が不明だったりと(というかあのままで死ぬには惜しいキャラクターだったような)、不完全燃焼だったのは事実。ボウケンジャーは特に前半の戦闘シーンの演出がかなり凝ったものだったので、最終回でこれはちょっと残念でした。
ガジャが完璧に倒されたわけじゃないのも、制作者側の無念が現れているんじゃないか?と勘ぐってみたり。
まっ、個人的にはさくら姉さんの衝撃映像がツボだったので、充分満足のいくエピソードでしたが(笑)。

さて、新しい仮面ライダー、電王ですが、今回初めて見ました感想は。
うーん、可もなく不可もなく。でも、物凄く安定した作品ですね。ヒビキやカブトなどは、毎回どうなることかとハラハラしながら見ましたが(もちろん、ストーリーの行く末が気になるのではなく脚本にハラハラさせられたのだが)、今回はしっかりとした「作品」を見ているような感覚でした。
母親が1話目を見て「なんであんな弱いのが仮面ライダーなのか」と物凄く憤慨していたんですが(何故貴女が……)、私はもうこれを仮面ライダーとして見てませんから(笑)、結構楽しんで見れました。
でも、いつも思うけどこの調子でいってたらいつまで経っても「仮面ライダー」のブランドから脱却できないと思うぞ。問題は脚本や作品のクオリティーじゃなくて、あくまでも制作者側の熱意とやる気だと思うから。良いものを作ろう、と思うのは当然の事であって、別にそこを評価する必要はないと思う。大切なのは、誰になんと言われようと作る、仮面ライダーを超える、という気迫じゃないのか?
昔の作品にあって今の作品にないものといえば、おそらくそれに尽きると思うんだけど。
posted by 紫 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

in山形日記

山形に行ってきました。

そう言うと皆
「何故に山形?」
「山形に何があるの?」
と聞いてきますが、私も知りません。

つーか、山形に来ることがあるなんて考えてもいなかった。
でも今回認識を新たにしました。
山形はすごいよ。
たとえば!

070205_1120~0001.jpg
サンダーマスクがいます。
こりゃすごい!!(あらゆる意味で)

山形といえばお蕎麦。
製麺所にも見学に行ってきました。
こちらがその時の写真。

070205_1042~0001.jpg
ナウシカ(とエンタープライズ号)がいるよ。
これもすごい!!(しかも入口からすぐ見える所に置いてる辺りが

もちろん麺食い同盟の一員として、
お蕎麦もしっかりいただいてきました。

070203_1802~0001.jpg
蕎麦。

070204_1229~0001.jpg
蕎麦。

070205_1626~0001.jpg
オムライス。

山形といえば米沢!
米沢牛も食ってきました!

070203_1127~0001.jpg
夜に食べると高いのでお昼の定食(←せこい)。
それでも2980円なり。
しかし立派な霜降り。そしてさっぱりした美味しさ。
スジがほとんどなく本気でうまかった!

070203_1358~0001.jpg
米沢には『東光の酒蔵』という酒蔵もあります。
個人で経営されている酒蔵では山形一。
ちょっと見学に行ってきました。

070203_1233~0002.jpg
当然試飲もさせて貰えます。

070203_1233~0001.jpg
つーかこれ、飲み放題!?
いいの!? 本当にいいの!!??
(いや一口ずつしか飲みませんでしたけど)

山形はまた温泉地としても有名な場所。
お風呂場にカメラを持って行っていたので
せっかくなので写真を撮ってきました。
でもこれは写真貼るとちょっと問題があるんで
リンクを貼っておくだけにしましょうね。
見たい方だけどうぞ。

こちら

でも。
本当はこれだけのことが全て
「ついで」
であったという事実が一番すごい。
posted by 紫 at 00:45| Comment(8) | TrackBack(0) | 公開日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。