2007年03月26日

ひこにゃんひこにゃんひこにゃんにゃん♪

赤いカブトのひこにゃんにゃん♪

ぐわ〜この歌が頭から離れない!!
癖になります、ひこにゃんひこにゃんひこにゃんにゃん♪

さて、そういうわけで、滋賀は彦根までひこにゃんを見に行って来ました。
彦根城は今年で築城400年ということで
それを記念して今年の11月25日までイベントを開催しております。
ひこにゃんはそのイメージキャラクター。
今年の初めに友人の一番星さんに教えてもらってその存在を知りました。
最初は、「彦根城でへんな物体がすす払いしていた」という情報でした……
一目見て気に入った私は「いつか会いに行こう」と決めていました。しかし、こんなに早く実現するとは正直思っていませんでした。だってこの前日、いきなり休日出勤を命ぜられてやさぐれてましたから(笑)。

さて、朝早くに家を出て、3時間で彦根に到着。
さっそくひこにゃんがいるという彦根城に向かおう……としたその時!!
早くもひこにゃん発見!!!
CA340094.jpg
石ですが。
城までの道にある石像屋さん(?)の店先に
ひこにゃんが鎮座していました。
奥には小さなひこにゃん2体も。
かーわいいー
石でさえこんなに可愛いのに、
実際会ったらどんななのか。

CA340096.jpgはやる気持ちを抑えつつ、
まずは昼食。
もんぜんやというお蕎麦屋さんにて
十割蕎麦とおろしそば(温)、
近江牛のスジ煮込みをいただいてきました。
十割蕎麦は、これ本当に十割?と
聞きたくなるくらいの歯ごたえ。
温かいお蕎麦の方は、
鰹節が入っているからか、
鰹の風味がしっかり効いていて美味でした。
お昼時ということもあり、私たちの後結構並んでいました。

その後、ひこにゃんを求めて彦根城へ。
この日は雨の影響もあり、出現場所が急遽変更、
彦根城博物館での撮影会でした。
それでは!ひこにゃんの映像をどうぞ!!

CA340110.jpg

あ、あれ?
何故にたわわちゃん?
こちらではなくて、えーとえーと。

CA340099.jpg

これこれこれです!
今やゆるキャラの代名詞、ひこにゃん!!

CA340116.jpgこの日は、何でか知らないけど、
京都タワーのキャラクターたわわちゃんが遊びに来ていました。
見よ、同じ人が作り出したとは思えないこの可愛さの違い!!
彦根城だからというのもあると思うけど、
たわわちゃんは登場の瞬間から
誰にも見向きもされていませんでした。
ひとりぼっちでたたずむたわわちゃん。
さびしすぎるぜ!

私もひこにゃんにしか興味がないんで(笑)、
ひたすらひこにゃんを激写、激写、激写。たまに動画も撮ったりして。
もちろんツーショット写真も撮ってきました(o^∇^o)ノ
ずっと立って手を振っているひこにゃんに
「ひこにゃん、座って〜」とリクエストしたりして(笑)、
思う存分ひこにゃんを堪能してきました。
ああ、ひこにゃん。
可愛すぎるぜひこにゃん。

CA340107.jpgあ、一応天守閣にも登ってきたりしましたよ。
登って降りただけですが。
琵琶湖より北の彦根城は肌寒く、
桜はまだでしたが梅が咲いてました。


CA340118.jpgさて、ひこにゃんを堪能した後は
彦根キャッスルロードにてお買い物&買い食い。
つぶら餅をいただきました。
香ばしい皮と温かい餡がたまらない(^^)


CA340120.jpg土産購入に立ち寄った酒屋では
「しまさこにゃん」を発見。
ひこにゃんのライバルだそうですが……
正気か……!?
結構な人気だったらしく、ピンバッチは
発売と同時に売り切れたのだとかいう噂。


CA340123.jpg夕飯は、『焼牛たかし』というお店で
焼肉を食べてきました。
近江牛を扱ったお店は軒並み高かったんですが、
ここはお値段も良心的。そして旨い!!
焼肉の他にステーキもあるし、
お肉はお店の人に焼いてもらう事もできるので
臭いが気にならないのが良い。


.そんな感じで彦根を堪能してきました。
家に帰ってから家土産に買ったプリンをいただきました。
プリンの表面にひこにゃんの顔が!!
間違ってもし○たんではありませんのであしからず(笑)。


お母さんは「400年イベントと言うからもっと盛大にやっているのかと思った」とややがっかりしておりましたが、私はひこにゃんを見るのが第一の目的だったのでどうでもいいです(笑)。
でもイベントを目当てで行くと確かに物足りなく感じるかもね。
11月3日は毎年お祭りをするそうだから、その時は盛大にやるかもですが。

今回の旅で思ったのは、やけに外国語を話す方や、車椅子に乗った方、言葉が不自由な方を見かけたと言う事です。それはつまり、そういう人を受け入れる体制をちゃんと取っているからだと思いました。げんに、ボランティアのガイドは外国語でも対応できる方をそろえていらっしゃる様ですし、入り口で無料に貸し出してくれる杖なんかも、「あると便利だな」と思うものがさり気なく用意されているのは安心感も生じますし、とても気持ちの良い事だと思いました。

一方、問題点もちらほらと。
まず町の美化を観光客にまでお願いするのはどうかと思う(^^;)。
1年くらい前から町の人でやっておけよそういうことは……とは思いましたが、まぁそれはね、どっちでもいいんです。問題はその後。
道に落ちているゴミを集めて持っていくと、記念品をくれるという仕組み。それはまぁ良いとします。
しかし、観光客に頼むなら、受け入れ時間をもっと遅くまで対応してくれればいいのではないでしょうか? 私達のように、夕飯を食べて駅に戻るような人たちは、絶対終了時間5時までは駅に向かわないでしょう。ゴミを集め多は良いけど、持っていく場所がない、となれば、ゴミ袋を持ってうろうろしていないといけません。
ゴミ拾いを手伝ってもらったのなら、最後まで責任を持って対処できるようにしておいてもらわないと困ります。
11がつまでにそれが改善されていたら良いな。
posted by 紫 at 00:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 公開日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜ひこにゃんだ〜。
ニュースでは、キャラクターが先行してしまって
地元が困惑してるという話でしたが。
お祭りのほうは盛り上がってましたか?

ところで。
ひこにゃんって、○ろたんに似てません?
いえ、アザラシと猫なんですけれどね・・・。
Posted by 義姉 at 2007年03月26日 07:25
ウチの黒猫は減量した力石徹+ロデム似。<親ばか?
ウチに来るまでノラやっていたので
♪お家の外は〜オレの海〜(松本零士に怒られる)と外出し、
私が帰宅して玄関先で鍵などごそごそしていると
どこからともなく帰ってきて、塀の上や、隣家のガレージの上から
キカイダー・ジローのように見下ろしやがります。

ひこにゃんと同じ猫とは思えません・・・・。
Posted by なかケン at 2007年03月27日 00:02
●義姉さん
至る所にひこにゃんがいましたよ。ポスター、旗、音楽も……。
確かにキャラクターが突飛してしまった感はありますけど、
相乗効果で箱根に行く人が増えたから、結果オーライですよね。
マスコットキャラとしての役割をしっかり果たしてる!!

お土産にあるひこにゃんプリン、これはもう完璧に
し○たんと区別がつきませんな(笑)。

●なかケンさん
ジローのように見下す!! 想像できて笑えます。
うちの宙明も高いところから見下ろすのが好きみたいで、
またそういう時って妙にえらそうな顔してますよね。

猫が特定の位置に来たらトランペットかギターが鳴る
ギミックをつけて欲しいものです。
Posted by 紫 at 2007年03月29日 01:05
自分は一目惚れでした…!
これを電話で紫さんにお教えしたら、同じく一目惚れのご様子でしたね(笑)

いやはや、カワイイぜ!
しまさこにゃんはハカイダーなのか!?
会いてえ〜!

紫さんの文章も、普段クールなのに「萌え」が垣間見えてキュートです(笑)
Posted by 一番星 at 2007年03月30日 01:17
●一番星さん
ひこにゃんはまさしく「萌え」です。
でも周りの人に着ぐるみひこにゃんを見せるとフリーズします。
なぜだろう……

きぐるみハンター(ハンター?狩るの?)の一番星さんにはぜひとも実物をみていただきたい。
Posted by 紫 at 2007年03月30日 12:38
隣のガレージの屋根に良心回路いや、
猫が乗るとギターの音が流れる装置をつけたい・・・・。
(そんなこと考えている隣人がいるなんて、隣家の方は気の毒だ)

キカイダーDVD借りて、猫と一緒に観たところ、
ギルの笛の音に苦しんだりはしませんでしたが、
怪人の「キーッ!」には三回ほどびびっていました。
が、一番嫌いなのは玄関のチャイム。
「ピンポン」と鳴っただけで飛び起きて、外に逃げようとします。

Posted by なかケン at 2007年03月30日 23:14
●なかケンさん
いや、もしかしたら隣人も反応するかもしれませんよ(笑)。
ギルの笛を流したら隣から苦しむ声が聞こえてきたりして……
Posted by 紫 at 2007年04月03日 10:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36863611
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。